youtube再生.png

法話巡礼33
~動画で巡る法話の旅~

『三十三所観音巡礼』にヒントを得て、宗派を超えた33人の若手僧侶たちが、YouTube上に、自坊にて撮影した法話の動画を公開していきます。

ご自宅のパソコンやスマートフォン、タブレット端末や、インターネットに接続されたテレビなどで、楽しみながら法話をご覧いただけるだけでなく、寺院で撮影された映像をご覧いただくことで、お寺を巡礼したかのような感覚を得る事ができます。

日本だけではなく、世界中の人々が新型コロナウイルスによる心身の、また経済的な打撃を受け、大きな苦労や悩みを抱えているこの状況のもと、人々が力強く生き抜き、少しでも心安らかな時間を過ごしていくために、私たちが知る仏教の教えを、広く、強く発信していきたいと思います。

『法話巡礼33』に参画して下さった僧侶と寺院

宗派や地域を超え、全国から多くの僧侶の皆さんが参画。
自坊で撮影された法話動画を公開して下さっています。

令和元年6月に開催をさせて頂きました『H1法話グランプリ~エピソード・ZERO』の様子です。

令和元年6月2日に開催させて頂きました「H1法話グランプリ~エピソード・ZERO~」の様子を、動画にて公開をさせて頂いています。

​登壇者全員の法話や審査員の方々から頂いたご講評をノーカットで配信させて頂いています。会場の雰囲気や登壇者の方々の緊張感など、どうぞ、ごゆっくりとご覧を頂ければ幸いでございます。

法話_WEB_LOG動画.jpg

▲上記のバナーをクリックして動画をご覧下さい。

H1法話グランプリ実行委員会とは、実行委員長の雲井 雄善 能福寺 住職(天台宗)や、実行副委員長の小池 陽人 須磨寺 副住職(真言宗 須磨寺派)、森 圭介 阿弥陀寺 住職(浄土宗)を中心に、宗派や地域を越えた若手僧侶が集い、「H1法話グランプリ」を通じて、若手僧侶の研鑽の機会の創造と、仏教の教えを、広く多くの方々に情報発信することを目的として、企画から運営、広報までの全てをおこなう団体です。

また、メンバーの中には、本目的を共有し、協力しあうIT、流通、メーカー等の民間企業やメディア関連企業のメンバーも在籍し、単にイベント開催をおこなうだけではなく、イベントを通じて、新たな仏教のありかたや課題解決に向けた多角的なアプローチを実現しています。


■特別顧問として、釈 徹宗(浄土真宗本願寺派如来寺住職)師が就任。

 

【釈 徹宗 師のご紹介】
浄土真宗本願寺派如来寺住職、相愛大学人文学部教授、特定非営利活動法人リライフ代表。専門は比較宗教思想・人間学。

大阪府出身。大阪府立大学大学院人間文化研究科比較文化専攻博士課程修了。

その後、如来寺住職の傍ら、龍谷大学文学部非常勤講師、兵庫大学生涯福祉学部教授を経て、現在に至ります。

フランス文学者の内田樹氏と親しく共著を多く執筆されています。2012年から開催されている釜ヶ崎芸術大学で講師を務められ、2017年、『落語に花咲く仏教-宗教と芸能は共振する-』で第5回河合隼雄学芸賞受賞。

H1法話グランプリ実行委員会
【お問い合わせ先:TEL 078-652-1715
能福寺内 雲井 雄善(くもい ゆうぜん)

  • Facebook

© 2019 H1 HOUWA Grandpix Allrights reserved.,